ストレス発散を行いモチベーションアップ

 看護や医療関係の仕事に就いている方は、その責任の重さからストレスを抱えやすいとされています。
生死に関わる業務ですから、なかなか休憩をとることもままならずいつも気を張りつめた状態の人も多いそうです。
ストレスを溜め込みすぎると、うつなどの症状を引き起こす可能性もあるので注意が必要です。

 上手く自分に合ったストレス解消法を見つけることで、精神的にもゆとりができ、仕事のモチベーションアップにも繋がります。
緑の多い環境で過ごしてみたり、毎日ジョギングなどの軽い運動を取り入れるのも効果的です。
他にも、看護学生時代の友人と交流するのも大きなストレス発散となるでしょう。
同じ環境で働く友人と話をすることで、深く掘り下げたことまで悩みを相談しやすい、共感を得られやすいといったメリットがあります。

 また、業務中は完全を求めすぎないことも大事です。業務上、患者さんに専門的な質問をされたり、話しかけられたりする機会も多いですよね。
常に完璧な姿勢でいなくてはならない、と思い詰めてしまうと、わからないことやトラブルが発生したときに、強いストレスを感じてしまいます。
わからないことは素直に受け止めて周りの意見に従う、自分にできる範囲のことに一生懸命取り組むといった過ごし方をするとストレスも軽減されていくでしょう。
ストレスを感じやすい看護や医療の仕事を続けていく上では、プライベートと仕事はきちんと分けることも大事なポイントです。

Leave a Reply